後悔記

今のところ、宛てのないブログです。

意味のわからない夢

それにしても、今日見た夢はおかしかった。ある意味、夢らしい夢だった。 いつものように、道に迷ったり、靴をなくしたり、食事をとれなかったり、見知らぬ他人と言い争いになったりするような、リアルなストレスを反映したものではなかった。 気がつくと、…

涼しくていいよ

昨日はあんなに暑かったのに、今日はこんなに涼しいなんて、ふざけているのか――と、理不尽な自然現象に対しての感想が、なんか死んだ父みたいになってきたな、と苦い気持ちになった。 しかし人は納得できないものに対しては、反射的に毒づいてしまいたくなっ…

ドロドロと向き合う

事前に予報で暑くなるとは聞いていたが、本当に暑かった。昼間は部屋の窓を開けていても室温は三一度で、まだ四月だというのに冷房をつけたくなった。夜になって、ようやく涼しくなったときには、ホッとした。 ただでさえ苦手な作業なのに、暑いともう昼食を…

何がきても驚かない

何もしていない日々を過ごしていると、とくに書ける話が生じなくて、困る。日々生きてはいるのだから、それなりに起こっていることも感じたこともあるのだが、文章にするほどのことではなかったり、上手くまとめられる自信がなかったりして書けないのだ。 気…

味の違い

今日はよい天気だった。母は花を見に、どこかの公園に行っていたらしい。よいことだ。しかしその頃(たぶん)、わたしは昨日の残りの豚汁を残り飯にかけて食っていた。よい天気だったのに。 まあ、よい天気だろうが何だろうが、過ごし方は人それぞれである。…

いつ捨てるのか

久しぶりに部屋を掃除した。掃除機をかけただけなのだが、それでもほんの少し自己肯定感は回復する。しかし、ベッドの横にうずたかく積まれている週刊少年ジャンプも、そろそろどうにかしなくてはならない。わたしはこれを、ジャンプタワーと呼んでいる。 読…

周回に参加する

グラブルのAP半額キャンペーンがようやく終わり、何かから解放されたような安らかさと寂しさを同時に味わっている。しかしまだグラフェスという誘惑が目の前にぶら下がっている。課金はしなくても、貯めた石だって無計画に費やしたら、後で悔やむことになる…

風呂を洗う

風呂洗いはわたしの担当なのだが、洗うときには洗剤を使用している。風呂洗いという作業も、我が家をリフォームする前から何十年と日常的にこなしていたわけだが、昔は洗剤を使っていなかった。いつから使い始めるようになったのかと、ふと考えた。 昔は、柄…

疲れているから考える

なんだかいつも以上に疲弊感が身に染みるのは、長時間かけてあれこれやっていた作業が、「あれ? これもしかして根本的に失敗してるんじゃないかな?」と気づいてしまい、徒労感のみが残ったときだ。せめて何が形になるものが実れば、ここまで気持ちは落ち込…

絵を描きすぎた

今日は久しぶりに、絵を描いていた。ずーっと描いていた。気がつくと、五時間くらいほぼぶっ続けで描いていた。よくない。わたしには、こういうところがある。なんというか、気分のムラが酷いのだ。 描かないときは数ヶ月描かない。しかし、描きはじめて興が…

今日の昼食

いつもいつも昼食に何を食べればよいのかと、しょうもないことで悩んでいるわたしだったが、本日はカップラーメンに冷凍唐揚げをひとつ添えたものだった。 カップラーメンは、味噌味だった。一応、乾燥したキャベツと、なんか正体のよくわからない赤みのある…

運動の間見たいものがない

最近、ようやく習慣化したと思った運動をサボりがちなので、自己肯定感が下がりつつある。これで体重が目に見えて増えたとか、わかりやすい変化があると危機感もわくのだが、とくに体調にも体重にも、変化はない。 変化がないと、今までやっていたこともあま…

感想はむずかしい

このブログは基本的に私的で内省的なことばかりを綴っているが、わたし自身もこの社会に生きている個人であるからして、けして世間の話題には無関心というわけでもない。テレビも見るしネットも見るし、そこから目に入ってきた情報に感情を揺さぶられて色々…

風の強い日は思い出す

本日は、風がえらく強かった。テレビの天気予報で聞いてはいたが、実際に音を聞くとビビる。あれ、もしかして洗濯物、ヤバくない? と、気づいて外へ出ると、洗濯物よりも前に、エアコンの室外機のカバーが倒れているのに動揺した。 カバー自体は金属製だが…

夏を警戒する

近年、春の温かさ……というより、暑さを警戒するようになったのは、夏場が本当にしんどいからだ。春が暖かすぎると、つい「あー、今年の夏も暑いのかなぁ」と想像して嫌になる。自分も中年といえるほど生きている人間なので、過去の記憶はおぼろげになりつつ…

定休日を忘れてた

今日も今日とて昼食を何にするか悩み、手近なコンビニですませようと思っていたはずなのだが、いざ店内に入ると、どれもこれも食べたいという気持ちにならなかった。パンのコーナーを見て、もう焼きそばパンとか、コロッケパンみたいなやつでいいかな、と考…

先のことは見えない

一時間ほど前だろうか、そろそろブログを書こうかなとアクセスしようとしたが、できなかった。じゃあ、はてなブログの他のページはどうなんだと、ブログを表示してみたら、こんな感じだった。 ツイッターで検索してみたら、自分だけでなく、やはりブログの編…

ゲームで達成感を得ていた

空気がひんやりしてきたが、いっそ安心する。これだよ、これが本来の四月の気候だろ、という感じ。五月に入ってからだって、陽が落ちた後は外を歩くと、けっこう寒かったはずなんだ。 ここ最近、やる気も気力もソシャゲに吸い取られていてヤバいという自覚は…

飯選びの思考回路

冷凍庫にしまってある、チンするだけの飯が尽きつつある。尽きていた場合、何を食べればいいだろうか。残飯があれば、それを適当な具材と炒めて食べる。無ければ、スパゲティーを茹でて、適当な具材と和えて食べる。自炊する場合、その二つのパターンしか思…

服の夢

夢の中で、何度も繰り返し衣服にまつわるトラブルに遭ったのは、この季節の変わり目に着る服に悩んでいるからだろうと、目が覚めてから考えた。 新品の白い服を着たまま、なぜか風呂掃除をしなくてはならなくなり、ビシャビシャに濡れて手入れに困ったとか、…

酒はほどほどに

まだ四月も始まったばかりだというのに、どうしてこんなに暑いのか。窓を開けて風を通せばマシだが、閉めると蒸して汗がでてきた。おかげで冷たいアイスが美味い。冷たくて甘い飲み物も美味い。甘いカフェオレは一日二杯までと決めて、それ以外は喉が渇いた…

些細なミスが怖い

気がついたらまた左手人差し指の爪が割れていて、悲しかった。毎日使っているマーカーのキャップを閉めるときに、なぜか左手の親指と人差し指の間を挟んでしまい血が出たのも、悲しかった。歯を磨くときに使っているフロスが、勢いよく歯間に入って歯茎から…

新番組の季節

忘れかけていたが、四月といえば新番組の季節でもある。ドラマでもアニメでも、面白いものがあれば見たいとは思っているが、最近はなかなかチェックしきれない。加齢で好奇心が低下しているのもあるだろう。 もともと放送前に情報収集をするほどの興味もない…

黙ってテレビ

今日は親類が甥っ子を連れて遊びに来たので、夕食は彼の好きな甘めの挽肉カレーライスだった。わたしは辛いものが苦手だが、わたし以外の家族は辛いものがけっこう好きだということは以前に書いたが、さすがに幼い甥っ子が食べることを考慮した日のカレーは…

四月になってしまった

とうとう三月も終わり、四月に入ってしまった。しかも明日は甥っ子が遊びに来るらしく、色々とつらい。気候も、寒かったり暑かったり、例年並みになったりと落ち着かないし、気持ちも落ち着かない。 なんとなくそんな予感はしていたが、去年に買っておいた新…

謎のランチプレート

この前、行きつけのカフェに行ったら、やたら混んでいた。平日の昼間だし、駅近でもないから、それほど混んでいないだろうと思ったのだが、駐車場を見ただけで「うわ、これは待つな」と察した。今までは、それほど混んでいなかった店なのだが。 その前に行っ…

眠いのに寝ない

用事があって早く起きたので、とても眠い一日だった。用事自体は、十分で済むようなものだったのだが。眠かったので、あまり運動もしなかった。眠いときに体を動かす気にはなれないし、無理に動かしたら危ないだろう。 しかし、だったら早く寝ればいいのに、…

花見完了

もうこれ以上、桜のことで悩みたくない。天気もいいし、ちょいと寄り道して見てくるなら今だ。という衝動的な判断によって、無事に今年の桜を眺めてきたのだった。よかったよかった。 するべき義務を果たし、肩の荷が下りた気分だ。そもそもそんな義務感を負…

パンを食べ損ねた

急に思い出してしまったのだが、チーズパンを食べ損ねた。 家族が買ってきた、チーズがかかったプランスパン的なパンだ。そして気がついたら、やはり後で食べようと思っていた、プチあんパンも消えていた。「えー、一個くらいは食べようと思ってたのに。マジ…

ポイントは使わない

暖かくなったからか、ちょっと気力が出てきたので、久しぶりに掃除機をかけた。もう少し暑くなってくると、掃除機はかけているだけで汗をかく作業になる。やはり今くらいの気候がちょうどいい。しかし夜になってから掃除をはじめた身内が、わたしが一度掃除…